月別アーカイブ: 2014年9月

16年モノ

今日のログ、残しておきたかったので書いておきます。
うとうとしてるからまとまらないと思うけどごめんね。(笑)

98年に関西にてきて、16年が経ちました。
神戸で15年、大阪での生活はわずかに1年、短かったな。
今日が僕の関西での生活の最後のライブと言う事になります。
何本やったんだろ?数えとけば良かったな。くっそー。

折に触れて書いて来たのだけど、僕は昔、故郷香川の事が好きになれなかった。
今思えば思春期の男の子にはありがちなのだけど、自分の価値と世間の求める価値の
折り合いがついていない様な疎外感があって、いつもコンプレックスに
さいなまれている様な子でした。
いつでもこんなもんじゃないぞ、お前らは分かってないって思ってたわ。
これはもう言い逃れのしようのない厨二病やね。(笑)

失敗を極端に怖がる性格で、それが故にチャレンジする事に対して消極的。
原因は成長過程の体験とか、地理風土による所はあると思うのだけど、
とにかくそう言う風に育ちました。

大学で神戸に出て来る事になって、色々変わった。
大学デビューでリセットする良い機会だってのもあったかも知れないけど、
何と言うか、人に変えられたと言う思いです。
や、解放してもらったの方が近いか。

バンドマンにならなきゃならない様な音楽好きはマイノリティでもあったのだけど、
大学の軽音楽部や神戸ARTHOUSEに出演し出してからは
価値を共有する人にも沢山出会えたし、失敗を笑い者にするのではなく、
おいしいねって言って笑い合える仲間にも恵まれました。
ありがたや。関西の「おいしい文化」。
沢山の価値の中で、自分自身はそのままでも何かの価値や意味のある物だと
思える様になりました。

今は高木誠司と言う名前で香川で生んで育ててもらった事も、
関西でこうしている自分の人生の事も心から愛せています。
35年さかのぼってもう一回選択肢を与えられても、僕は僕を選びたいな。
ちょこっと変えたいとこあるけどね。(笑)

僕の名前を呼んでくれたみんな、僕を分厚い殻から出してくれたこの土地と
ここで出会った人たちに本当に感謝してます。
僕は次の選択をしたけれど、それを決めさせてくれたのも
他でもないこの土地での体験があったからです。
チャレンジ、失敗、あんな恐れていた物とも、今は戦えるで。びっくりするわ。
人間こんな変わるもんやね。

今日、直接会えるみんなには絶対伝わる様にありがとうといってきますを言おうと思う。
それから、僕が生きて行く中でほんの少しの間だけだったかも知れないけど、
時間や思いを共にして、それぞれの方向に通り過ぎて行ってくれた皆にも、
本当に心からの感謝を送りたいです。
会場にいなくてもどっかで思い出してくれてると嬉しいな。

色々あったねー。色んな風景を一緒に見たね。
いくつでも思い出せるわ。こんな素晴らしい事あるかね。

実感ちょっと湧いて来たよ。時間が近いね。
返し切れんのは分かってるけど、少しでもちゃんと置いてくね。
沢山の代わりの効かない時間を僕と一緒に過ごしてくれてありがとう。
そうやって過ごせた事を、心から良かったって思ってもらえる様に、
僕もそう言う人になろうと思うので。
捨てずに、今日の事覚えててね。

では、ちょっと寝ます。良い門出になりますように。 
てめーら、愛してるぞー。( ´ ▽ ` )ノ

2014年09月23日 06:42